新着順:7/15 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

御造営30年記念大祭 4日目

 投稿者:天河神社社務所  投稿日:2018年 5月 1日(火)12時27分0秒
  通報 編集済
  □7月19日(木)記念大祭4日目

   9時 記念大祭神事 本殿開扉

 10時~17時◆特別本殿昇殿参拝(受付にて特別参拝章をお申し込み下さい)

  11時 瞑想地護摩奉修

      導師 柿坂神酒之祐

      演奏 ZOUND SYSTEM

      祈り 阿部敏郎一行


 19時 奉納演奏  ~報  恩  謝  徳~


    NolenNiu-de-Ossi(喜多 寧・とる子)+阿部一成



■ NolenNiu-de-Ossi
ノレンニゥー・デ・オッシ

マホロバガクザ (まほろば楽座)の中心であった二人が8年の活動を経て2009年夏に結成。

全国各地でライブを行い、海外へも進出。
2010年初NYツアー、2011年にはMake Music NYなどのフェスも含む再NYツアー、2012年は東部から中西部まで7都市10公演のU.S.Aツアーを成功させる。2015年にもNY再訪ツアー。
和洋楽器を用い国境を越えた音楽性を内包。変幻自在のからくり音楽。

■喜多 寧(歌 / ギター / 三味線)
 Yasushi Kita


■とる子(ピアノ / アコーディオン / 歌)
 Toruko


■阿部一成 篠笛演奏家

愛媛に生まれ、東京に育つ。
北海道大学在学中に触れた民俗芸能の調べに魅せられ、その後出逢った太鼓芸能集団『鼓童』の活動に参加。14年に渡る在籍の後、現在は生まれ故郷の愛媛県新居浜市に在住。
篠笛の演奏を芯に据え、土地から、人から、天からのエネルギーを表現する。
ベルギーの振付家シディ・ラルビ・シェルカウイ氏や、観世流能楽師・津村禮次郎氏など国内外の様々なアーティストとの共演を重ねながら、これまでに世界30ヶ国で演奏。
2014年には、故郷と海外を往来する中で生まれた楽曲を収録した自身初のオリジナルアルバム『龍の声』を発表した。2016年秋、スウェーデンのヨーテボリ・オペラ・バレエ団の舞台『アイコン(ICON)』世界初演に参加。

 
》記事一覧表示

新着順:7/15 《前のページ | 次のページ》
/15