[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


重要 抜穂祭日時変更のお知らせ

 投稿者:天河神社社務所  投稿日:2017年 9月21日(木)09時05分20秒
  重要!!

■抜穂祭日時変更のお知らせ

 9月27日に予定致しております抜穂祭は、

 週間天気 雨天予報のため

 9月26日へと変更致しますのでお知らせ申し上げます。


 9月21日  天河神社
 

秋季大祭のご案内

 投稿者:天河神社社務所  投稿日:2017年 9月11日(月)14時59分49秒
  ■秋季大祭(亥の子まつり)
 平成29年11月2日(木曜日)

    午前11時より  祭典

  正午     直会

  午後1時   神事能『羽衣 和合之舞』 観世流 片山九郎右衛門外社中

  能楽後    相撲甚句奉納       けはや相撲甚句会 社中

  その後参集殿において「秋祭 大笑い福引き抽選会」(永田産業株式会社 奉納)

  その後境内にて秋祭り納めの福餅まき(景品付き)

  〈内容〉御神事では五穀豊穣に感謝の祈りを捧げ、午後より樹木の葉も色濃く
      染まる紅葉の最中、神楽殿(能舞台)において神事能が奉納されます。
      当日は、神社神田にて収穫されました餅米がお餅につかれて、参詣者の
      皆様にまかれます。
 

抜穂祭のお知らせ

 投稿者:天河神社社務所  投稿日:2017年 8月26日(土)16時09分10秒
  ■抜穂祭(稲刈り式)

 9月27日(水)巳の日(予定)

 午前10時  抜穂祭報告祭(神社神殿)

 午前10時半 抜穂祭(神社神田)

 正午    直会


◆(注意)天候不良による成育不足の場合日時の変更も有り得ます。事前に問い合わせ下さい。

《内容》神社の神田にて春に早乙女によって植え付けられた苗が神様と大地の育みにより成長し、
    稲刈りを皆さまと共に執り行います。直会等も準備しておりますので、自然に囲まれた
    秋空の下、ご一緒に稲刈りを体験してみませんか。
 

観月祭のお知らせ

 投稿者:天河神社社務所  投稿日:2017年 8月26日(土)16時04分2秒
  ■観月祭(仲秋の名月神事)10月4日(水)

 午後7時 観月神事

      奉納演奏  サンフランシスコを拠点とする音楽家、Christopher Willits 氏

    奉納演奏終了後  御神水・お月見団子拝戴

《内容》夜7時より観月神事、奉納演奏が予定され、終了後タライに清水を汲み上げ
    そこにお月さまを浮かべ御神水として皆さまに拝戴いたします。
    また、月見団子も召し上がっていただきます。

■《ご注意事項》

  数年前より、正午から観月護摩並びに火渡り式が行われておりましたが、
  都合により、今年からは夜の神事のみとなりますのでご承知おき下さい
  ますようお願いします。


■奉納演奏アーティストプロフィール
 クリストファー・ウィリッツ(Christopher Willits)はミズーリ州はカンザスシティ出身で、現在はサンフランシスコを拠点に活動しているミュージシャン/アーティストである。
彼は地元カンザ スシティのアート研究所で絵画、写真、ビデオ/インスタレーション・アート、
サウンド・アートを学んでおり、ミルズカレッジではフレッド・フリス (Fred Frith)や
ポーリン・オリヴェロス(Pauline Oliveros)に師事し、電子音楽の修士号も取得している。
多岐に渡るその活動はコンポーザー、プロデューサーに留まらず、フォトグラファー、
フィル ムメイカー、システム・デザイナーにまで及ぶマルチぶりだ。
電子音楽とギターを融合させるスタイルのパイオニアであり、自身が作成したソフトウェアを
駆使 して、複雑に練り込まれたパターン、テクスチャー、ハーモニーなどで彩り豊かな
視聴覚パフォーマンスをみせ、音と光が重なり合い、没入させる独特のサウン ドを構築して
いる。それはかつてピッチフォークに「ギターでペイントをしているようだ」、
Nownessに「魅惑的で複雑なエレクトロニック・サウンドス ケイプ」と称された。
90年代後半から音楽活動を開始し、自身のソロだけでなく、日本では坂本龍一と、二枚の
アルバムを製作している。Ocean Fire 2007, Ancient Future 2012,
ブルックリンのサウンド・アーティスト、テイラー・デュプリー (Taylor Duepree)等との
コラボ、マトモス(Matmos)とのサブコンシャス・アトラクション・ストラテジーズ(Subconscious Attraction Strategies)、ヘラ(Hella)のドラマーで、先日惜しくも
解散したデス・グリップス(Death Grips)のメンバーでもあった、ザック・ヒル(Zach Hill)
とブレイクコアのパイオニア的存在、キッド606(Kid 606)とのトリオ編成による
フロッシン(Flossin)などのプロジェクトがあり、これまでに20枚以上の作品をリリース
している。
それらは自身の主 宰するOverlapをはじめ、テイラーの12K、Fällt、Sub Rosa、
Nibble Records、Ache Recordsなど様々なレーベルから発表されており、近年は
Ghostly Internationalに所属している。
2014年 オーディオ・ヴィジュアル・プロジェクト作品『OPENING』 ,
2017年 アルバム「Horizon」をリリース



 

重陽の節句祭のご案内

 投稿者:天河神社社務所  投稿日:2017年 8月26日(土)14時47分44秒
  ■重陽の節句祭 10月28日(土)旧暦9月9日 午前11時 神事
                                          正午   直会


《内容》1年間の五節句の中で納めの重陽節の行事です。別名菊節句とも言われ、
    当日は菊花を神殿に御供し、直会では菊酒を拝戴し無病息災を御祝い致します

 

ご祈祷のお申込みについて

 投稿者:天河神社社務所  投稿日:2017年 6月 5日(月)12時02分49秒
  天河大辨財天社 神殿 ご祈祷お申し込みについて

        ■お申込所     天河神社社務所

    ■ご祈祷所     天河神社拝殿

    ■受付時間     午前8時~午後15時半

    ■ご祈祷料     1件5.000円以上より

    ■祈  願     家内安全・商売繁盛・身体健康・心願成就・神恩感謝
                  芸能上達・厄歳除災・厄難消滅 等々の諸願

    ■人生儀礼祈願      初宮詣り・七五三詣り等々


    ■お願い事項    神殿祈祷の際は、素足での参拝はできません
              必ず靴下をお履き願います
              また、祭典や奉仕作業等でご祈祷をお受けできない場合も
              ございますので、前もってのご予約をお願いします


  【お問い合わせ先】   大峯本宮 天河大辨財天社社務所

              TEL 0747-63-0558
                          FAX 0747-63-0848
 

平成29年丁酉年天河大辨財天社恒例行事

 投稿者:天河神社社務所  投稿日:2017年 1月 1日(日)12時51分18秒
  ■平成29年丁酉年天河大辨財天社恒例行事

◆1月
 元旦  日曜日祝日 歳旦祭                                   午前零時
  5日  木曜日     松囃神事 (湯立神楽・三番叟奉納)        午前10時
15日  日曜日     とんど祭 (於 神社護摩壇)                   午前6時
17日  火曜日     牛王宝印神符頒布祭                 午前11時

◆2月
  2日  木曜日   鬼の宿(神迎え神事・社家宅)                  午後7時
  3日  金曜日     節分祭(所願成就厄除け採燈護摩厳修)     午前11時
 3日  金曜日  (岡野弘幹・年明け音霊奉納 於・能舞台)    午後8時

◆3月
30日  木曜日   桃の節句祭(旧3月3日)                 午前11時
30日  木曜日   春の太々神楽講講社大祭            午前11時

◆4月
14日  金曜日     春季大祭(能楽奉納)                  午前11時

◆5月
13日(土)~14日(日)予定    弥山奥宮大祭(1泊2日)
28日  日曜日   おんだ祭(お田植え神事)               午前10時
30日  火曜日   端午の節句祭(旧5月5日)              午前11時

◆6月
30日  金曜日   大祓式                                   午後2時

◆7月
16日  日曜日     宵宮祭(各種奉納予定)                   午後7時
17日  月曜日祝日  例大祭(採燈護摩厳修、能楽奉納)         午前10時

◆8月
28日  月曜日   七夕祭(旧7月7日)(萬霊供養祭)       午後2時
           供養燈花の御光が境内周辺に灯されます
29日  火曜日   七夕護摩供(供養護摩木等を焚き上げ)     午前10時

◆9月
  1日  金曜日     八朔祭                                   午後1時
 9月末~10月始予定     抜穂祭(稲刈り神事)        午前10時

◆10月
 4日  水曜日   観月祭(仲秋の名月神事・各種奉納予定)    午後7時
28日  土曜日   重陽の節句祭(旧9月9日)          午前11時

◆11月
  2日   木曜日    秋季大祭(能楽奉納)               午前11時
23日  木曜日祝日 新嘗祭                    午前11時
27日  月曜日   五節句開きの神事(とうとうたらり・旧10月10日)午前11時
27日  月曜日   秋の太々神楽講講社大祭            午前11時

◆12月
23日  土曜日祝日 天長祭                         午前中
31日  日曜日     大祓式                         午後2時
31日  日曜日   除夜祭                      午後11時


  毎月1日、15日  月次祭

  己巳の日     2月11日 ・ 4月12日  ・ 6月11日
         8月10日 ・  10月9日  ・  12月8日
 

五十鈴守り 授与について

 投稿者:天河神社社務所  投稿日:2015年12月 5日(土)16時17分12秒
  天河神社に神代より伝わる五十鈴守りを授与致しております。

従来からの根付けタイプとネックレスタイプのほかにこの度、

御家庭にてお祀りできる、ケース入りとチョーカータイプの

五十鈴を調整致しました。

社頭、郵送並びにメールでも授与の申込を受付致しております。

お気軽にお問い合わせ下さい。

■御祈祷済み五十鈴守り種類並びに授与料について

 ★五十鈴守根付けタイプ     1体2.500円

 ★五十鈴守ネックレスタイプ   1体3.500円

 ★五十鈴守ケース入タイプ(赤・黒) 1体2.500円

 ★五十鈴守チョーカータイプ   1体3.500円

■御納金、御拝送について

 前もっての郵便振替または郵便書留にての御納金か、
 お急ぎの場合は等は、郵便振替書を同封しての後納。
 但し別途送料(200円)がかかります。


■お問い合わせ先
 奈良県吉野郡天川村坪内107 天河神社社務所
 電 話 0747-63-0558
 FAX 0747-63-0848
 E-mail  tenkawa-jinja@kcn.jp
 郵便振替口座 00940-4-82869
 加入者名(口座名)天河大辨財天社
 

神宝  五十鈴  特別頒布の御案内

 投稿者:天河神社社務所  投稿日:2015年 2月19日(木)14時05分59秒
   天河大辨財天社   神宝(かんだから) 五十鈴(いすず)  特別頒布のお知らせ

★「おすず」の音に静かに耳を澄ませて下さい。
   きっと魂の奧底からわきあがってくる愛の振動
  が伝わってくることでしょう。

★ 内なる自分と母なる大宇宙の喜びの交換、共振を体感して下さい。

★「おすず」の持つ隠された深い意味や働きを感じて下さい。

 神宝「五十鈴」とは
五十鈴は正式には神代鈴(しんだいすず)と申し、数千年前から当社のみに残されている青銅製でつくられたものです。歴史的には、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が天(あめ)の岩戸(いわと)にお隠れになった時に、天之宇受売命(あめのうずめのみこと)がこの五十鈴のつけられた矛(ほこ)をその手に持たれ、大地を踏みしめて聖なる舞いを舞い、大神を外にお連れし、再び生きるに値する光の世に戻ったとされ、この鈴の音霊(おとたま)の働きは、非常に大切なものであることがうかがえます。
 只今当社では、『生魂(いくむすび)』『足魂(たるむすび)』『玉留魂(たまづめむすび)』の三魂三位一体(さんこんさんみいったい)の根本理念を発し、古代、現在、未来へと信仰の根元をなし、人間の全人格を反映し、人間生活を豊かに、充実に満ちたものとし、音霊(おとたま)の響きにより大宇宙の波動に共振でき清浄心が養うことができる五十鈴を特別頒布致しております。
  神聖なる音霊(おとたま)のエネルギーを持つ五十鈴をご家庭の神宝(かんだから)として、また御身体のお守りとしてお納め下さいますようおすすめします。


■金製五十鈴

 1体  金30万円也【原寸大:10センチ大】(純銀製・純金張・唐櫃・桐箱・絹袋入)


■銀製五十鈴

 1体 金20万円也【原寸大:10センチ大】(純銀製・唐櫃・桐箱・絹袋入)


■18金製五十鈴

 1体 金15万円也【3センチ大】(18金製・桐箱入)


   上記の神宝に加え、この度新しく下記の五十鈴を調製致しました


■金製五十鈴

 1体 金3万円也【3センチ大】(銀製金張・桐箱入)


◆以上の神宝五十鈴は御参拝にてお申込みの場合は神殿にて御祈祷参拝の後、
 御頒布申し上げます


 社務所授与所にて頒布守

■メッキ五十鈴守 2500円(根付けタイプ)

 メッキ五十鈴守 3500円(ネックレスタイプ)


◆お申込先:大峯本宮天河大辨財天社
      〒638-0321 奈良県吉野郡天川村坪内107
 (TEL)  0747-63-0558   63-0334   (FAX)  0747-63-0848
 

ホームページへお参りの皆さまにお願い

 投稿者:天河神社社務所  投稿日:2006年12月26日(火)14時42分55秒
  この「天河神社からのお知らせ」のページにては
諸々のご質問等は受付しておりません。
申し訳ございませんが下記のところまでお電話・FAXにて
お問い合わせ下さいますようご理解の上お願い申し上げます。

  奈良県吉野郡天川村坪内107
  天河神社  TEL 0747-63-0558  FAX0747-63-0848
 

/1