[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


夏の例大祭のご案内

 投稿者:天河神社社務所  投稿日:2017年 5月26日(金)18時28分36秒
  例大祭のご案内

謹啓 初夏の候、御尊家皆々様には益々御清栄の段御慶び申し上げます。
常日頃は、天河大辨財天大神様の御神威発揚に格別の御崇敬並びに御奉賛を賜り、
厚く御礼申し上げます。
 さて来る7月16日~17日に恒例の例大祭が斎行されます。
 2日にわたる例大祭では、音楽奉納、採燈大護摩厳修、能楽奉納等、終日賑わい
の催しが予定されておりますので、大神様の御神縁のもとに多くの皆々様のご参詣
を心よりお待ち申し上げております。                  敬白

◆◆例 大 祭◆◆◆
7月16日(日)
■宵宮祭
午後7時  宵宮神事
      神楽奉奏
           音霊奉納 「天 空 人」
              Acoon Hibino (key. Piano , 528 producer )
              SAKi  (Vocal)
              Jody Tenku Miyashita (Guitar)

    宇宙歴 XXX年 地球太古の時代
    彼方アストラリアン(天空人)たちは この地に舞い降りた
    皆が持つそのDNAの曼荼羅の中に そっとまもられているそれらのキオクを、
    宇宙の言語とも言える音の世界で 528hz という 細胞の細部に
    入りやすい周波数の演奏で舞戻すために 天空人というユニットは産まれた

天 空 人メンバー

 ◆Acoon Hibino (key. Piano , 528 producer )

近年、愛の周波数と呼ばれている528Hzの響きを活かした演奏活動を始め、2015年1月
テイチクエンタテインメントより、フルアルバム『心と体を整える~愛の周波数528Hz~』
でメジャーデビュー。同年7月には、第2弾フルアルバム『自律神経を整える音の処方箋
~愛の周波数528Hz~』をリリース。CD不況と言われている音楽業界で、記録的なヒットと
なる。
528Hzを音楽理論や医学的観点から作曲。その手法が高く評価され、日本レコード大賞企画賞
を受賞。
今までにはなかった「機能を持つ音楽」を生み出す日本で唯一の528Hz作曲家・ピアニスト。

 ◆SAKi  (Vocal)

幼い頃から、山々に囲まれた長野で自然に触れて育つ中で自然が生みだす色や形の美しさの
虜になる。 8歳の時に、Whitney Hustonの歌声に魅了されてから、唄う楽しさを知り、唄う
事が自然と日常生活の一部となった。 ピアノを習いながら15歳まで合唱を続けたのちボイス
トレーニングや作詞も始め、16歳で初めてR&B singerとして地元のclubのstageに立つ。
ジャンルを問わず、さまざまな音楽に影響を受けながら、いつしか生音の虜になり、作曲も
始める。ピアノ弾き語りも始めると同時に、ギターを独学で始める。
9歳で出逢ったJazz Musician達とのセッションをきっかけに、ジャズボーカルレッスンを受
け始め、徐々に活動の幅を広げ、ソロでの弾き語りライブの他、ギタリストとのアコーステ
ィックライブも行う。

 ◆Jody Tenku Miyashita (Guitar)

15才ギターと打ち込みを始める。17才 AUDIO ACTIVEのギタリスト Kasai氏と出会う。
96年 Manathol(bwugung)とGROUNDREVERSE結成。97年 阪神大震災のチャリティーをテーマと
したイベント、ライブクエクエイドに内田裕也氏、ジョー山中氏、HIRO氏と共に参加。
00年 ヒップホップの伝説的コンピレーションアルバム『響現』に参加。
01年GROUNDREVERSE「破壊」と「想像」の融合作1ST ALBUM "TENGAKU"をビクターSPEEDSTAR
より発売。原始的な演奏行為をテーマに行う奉納を松田創氏と共に始める。
長野善光寺、奈良天河大辨財天社等、数々の奉納演奏を行う。
04年 AUDIO ACTIVEのAlbum"MELT2"のレコーディングアシスタントとして制作に携わる。
Yoshio Tony Kobayashi (Akoya Afrobeat, Concent NY)氏、Taka G (THE Fighting farmers) 氏
と共に録音集団Experimental Space Rock Dub Project【TENGAKU DUB】の活動を始める。
05年 studio tengakuのレーベル活動を始める。以降、エンジニア、トラックメーカーとし
て数々の作品に携わる。



7月17日(月)海の日 祝日

■例大祭

午前10時   大祭神事
            神楽奉奏

午前11時  採燈大護摩厳修  本山修験宗 聖護院門跡御一行

午後1時   慶祝能 「巻絹」 観世流 片山九郎右衛門外社中

能楽終了後  奉納太鼓 和太鼓 鼓宮舞 社中 (於 神楽殿能舞台)

午後3時      奉納太鼓 和太鼓 鼓宮舞 社中 (於 駐車場芸能舞台)

午後3時半  奉納演奏 天川中学校音楽部   (於 駐車場芸能舞台)

午後4時     福餅まき

         子供御輿(午後より)


夜の部 (氏子中夏祭り実行委員会主催)

午後7時   奉納歌謡 渡辺 要ほか

      奉納音頭 江州音頭・河内音頭

           音頭取り志賀國天寿ほかの皆様

            盆踊りに多数ご参加下さい

      終了後例大祭納めの福餅まき



●《お願い》神社周辺駐車場は台数に限りがございますので
      なるべく公共交通機関をご利用下さい

●《交 通》行き(奈良交通中庵住行き)
      近鉄下市口駅発バス時刻  8時47分・13時17分・17時17分
       帰り(奈良交通下市口駅行き)
      天河大辨財天社発バス時刻 7時1分 ・15時26分・16時23分

           近鉄下市口駅より約1時間。タクシーにて約40分


   お車でお越しの場合/橿原神宮R169→大淀(下市)R309→天川(約70分)
                               (15㎞)         (27㎞)

●《宿 泊》下記のところへお問い合わせ下さい。
      ■天川村総合案内所     0747-63-0999
      ■大峰山 洞川温泉観光協会 0747-64-0333
 

七夕祭のご案内

 投稿者:天河神社社務所  投稿日:2017年 5月26日(金)07時48分49秒
  七夕祭のご案内

 天河大辨財天社の七夕祭は旧暦7月7日に斎行申し上げます。
以前は、天の川へ燈籠を浮かべお流しして御霊様の鎮めと御家系の益々の御平安を
お祈り申し上げてまいりましたが、平成23年9月の豪雨災害後よりは、七夕供養燈花
と称し、御尊家及び御霊様の名を記したカップに清水を張り、ロウソクを浮かべて
神社周辺に灯してご供養申し上げる七夕神事となっております。
 今年も二千近くの七夕供養燈花が灯されます。
お繰り合わせの御参詣と御尊家先祖代々の御霊様のご供養のお申し込みをお待ち申し
上げております。
                           大峯本宮天河大辨財天社
                            氏子中七夕祭実行委員会


☆☆☆七夕祭☆☆☆

■平成29年8月28日 月曜日〈旧暦7月7日〉

午後2時   七夕神事


午後3時   萬霊供養祭
      (大銀杏横の七夕会場において、萬霊の御霊様、御尊家先祖代々の御霊様
       の御供養を申し上げます)

午後6時半   七夕供養燈花献灯
      (萬霊供養塔、神社周辺へ供養燈花を並べ御光を灯しご供養申し上げます)

     ※七夕供養燈花は、夜9時過ぎまで灯されます。


■平成29年8月29日 火曜日

午前10時  採燈護摩(七夕祭にてご供養致しました燈花紙を供養護摩木と共に
           お焚き上げ申し上げます)



◆七夕供養燈花  1灯 弐千円
          お申込み先  天河神社社務所 0747-63-0558
 

おんだ祭のご案内

 投稿者:天河神社社務所  投稿日:2017年 4月 8日(土)08時01分31秒
  ■おんだ祭 (お田植え祭)平成29年5月28日(日)
  午前10時   おんだ祭報告祭

  午前10時半  奉納 龍舞獅子舞 兵庫商業高等学校龍獅團一行
                   神港橘高等学校龍獅團一行
                     (龍舞世界大会出場校)

  午前11時   おんだ祭   植え付けの儀 龍舞・獅子舞奉納

  正午      直会

  ◆神社裏手の神田にて、早乙女達が田植えの衣装をまとい、植え付けが行われます。
   また、植え付けと共に神田の畦では豊作を祈念して龍、獅子が舞いが行われます。
 

歴史の駅 シンポジウム 開催のお知らせ

 投稿者:天河神社社務所  投稿日:2017年 2月18日(土)16時47分46秒
  ■歴史の駅 シンポジウム

 NPO法人歴史の駅並びに天川村主催によるシンポジウムが、来る平成29年6月3日(土)

 東京都は銀座ブロッサム中央会館にて催されます。

 当日は、天河大辨財天社宮司の基調講演を始め、

 東大寺長老 筒井 寛昭 様

 ドキュメンタリー映画「地球交響曲」監督 龍村 仁 様

 京都大学名誉教授 鎌田 東二 様

 天川村村長 車谷 重高 様

 大峯本宮天河大辨財天社 宮司 柿坂 神酒之祐様

 の皆様をパネラーにお迎えし、シンポジウムが開催されます。

 お問い合わせ、お申込み等の詳細は記載のチラシをご覧いただきますようお願いします。
 
 

平成29年丁酉年天河大辨財天社恒例行事

 投稿者:天河神社社務所  投稿日:2017年 1月 1日(日)12時51分18秒
  ■平成29年丁酉年天河大辨財天社恒例行事

◆1月
 元旦  日曜日祝日 歳旦祭                                   午前零時
  5日  木曜日     松囃神事 (湯立神楽・三番叟奉納)        午前10時
15日  日曜日     とんど祭 (於 神社護摩壇)                   午前6時
17日  火曜日     牛王宝印神符頒布祭                 午前11時

◆2月
  2日  木曜日   鬼の宿(神迎え神事・社家宅)                  午後7時
  3日  金曜日     節分祭(所願成就厄除け採燈護摩厳修)     午前11時
 3日  金曜日  (岡野弘幹・年明け音霊奉納 於・能舞台)    午後8時

◆3月
30日  木曜日   桃の節句祭(旧3月3日)                 午前11時
30日  木曜日   春の太々神楽講講社大祭            午前11時

◆4月
14日  金曜日     春季大祭(能楽奉納)                  午前11時

◆5月
13日(土)~14日(日)予定    弥山奥宮大祭(1泊2日)
28日  日曜日   おんだ祭(お田植え神事)               午前10時
30日  火曜日   端午の節句祭(旧5月5日)              午前11時

◆6月
30日  金曜日   大祓式                                   午後2時

◆7月
16日  日曜日     宵宮祭(各種奉納予定)                   午後7時
17日  月曜日祝日  例大祭(採燈護摩厳修、能楽奉納)         午前10時

◆8月
28日  月曜日   七夕祭(旧7月7日)(萬霊供養祭)       午後2時
           供養燈花の御光が境内周辺に灯されます
29日  火曜日   七夕護摩供(供養護摩木等を焚き上げ)     午前10時

◆9月
  1日  金曜日     八朔祭                                   午後1時
 9月末~10月始予定     抜穂祭(稲刈り神事)        午前10時

◆10月
 4日  水曜日   観月祭(仲秋の名月神事・各種奉納予定)    午後7時
28日  土曜日   重陽の節句祭(旧9月9日)          午前11時

◆11月
  2日   木曜日    秋季大祭(能楽奉納)               午前11時
23日  木曜日祝日 新嘗祭                    午前11時
27日  月曜日   五節句開きの神事(とうとうたらり・旧10月10日)午前11時
27日  月曜日   秋の太々神楽講講社大祭            午前11時

◆12月
23日  土曜日祝日 天長祭                         午前中
31日  日曜日     大祓式                         午後2時
31日  日曜日   除夜祭                      午後11時


  毎月1日、15日  月次祭

  己巳の日     2月11日 ・ 4月12日  ・ 6月11日
         8月10日 ・  10月9日  ・  12月8日
 

五十鈴守り 授与について

 投稿者:天河神社社務所  投稿日:2015年12月 5日(土)16時17分12秒
  天河神社に神代より伝わる五十鈴守りを授与致しております。

従来からの根付けタイプとネックレスタイプのほかにこの度、

御家庭にてお祀りできる、ケース入りとチョーカータイプの

五十鈴を調整致しました。

社頭、郵送並びにメールでも授与の申込を受付致しております。

お気軽にお問い合わせ下さい。

■御祈祷済み五十鈴守り種類並びに授与料について

 ★五十鈴守根付けタイプ     1体2.500円

 ★五十鈴守ネックレスタイプ   1体3.500円

 ★五十鈴守ケース入タイプ(赤・黒) 1体2.500円

 ★五十鈴守チョーカータイプ   1体3.500円

■御納金、御拝送について

 前もっての郵便振替または郵便書留にての御納金か、
 お急ぎの場合は等は、郵便振替書を同封しての後納。
 但し別途送料(200円)がかかります。


■お問い合わせ先
 奈良県吉野郡天川村坪内107 天河神社社務所
 電 話 0747-63-0558
 FAX 0747-63-0848
 E-mail  tenkawa-jinja@kcn.jp
 郵便振替口座 00940-4-82869
 加入者名(口座名)天河大辨財天社
 

神宝  五十鈴  特別頒布の御案内

 投稿者:天河神社社務所  投稿日:2015年 2月19日(木)14時05分59秒
   天河大辨財天社   神宝(かんだから) 五十鈴(いすず)  特別頒布のお知らせ

★「おすず」の音に静かに耳を澄ませて下さい。
   きっと魂の奧底からわきあがってくる愛の振動
  が伝わってくることでしょう。

★ 内なる自分と母なる大宇宙の喜びの交換、共振を体感して下さい。

★「おすず」の持つ隠された深い意味や働きを感じて下さい。

 神宝「五十鈴」とは
五十鈴は正式には神代鈴(しんだいすず)と申し、数千年前から当社のみに残されている青銅製でつくられたものです。歴史的には、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が天(あめ)の岩戸(いわと)にお隠れになった時に、天之宇受売命(あめのうずめのみこと)がこの五十鈴のつけられた矛(ほこ)をその手に持たれ、大地を踏みしめて聖なる舞いを舞い、大神を外にお連れし、再び生きるに値する光の世に戻ったとされ、この鈴の音霊(おとたま)の働きは、非常に大切なものであることがうかがえます。
 只今当社では、『生魂(いくむすび)』『足魂(たるむすび)』『玉留魂(たまづめむすび)』の三魂三位一体(さんこんさんみいったい)の根本理念を発し、古代、現在、未来へと信仰の根元をなし、人間の全人格を反映し、人間生活を豊かに、充実に満ちたものとし、音霊(おとたま)の響きにより大宇宙の波動に共振でき清浄心が養うことができる五十鈴を特別頒布致しております。
  神聖なる音霊(おとたま)のエネルギーを持つ五十鈴をご家庭の神宝(かんだから)として、また御身体のお守りとしてお納め下さいますようおすすめします。


■金製五十鈴

 1体  金30万円也【原寸大:10センチ大】(純銀製・純金張・唐櫃・桐箱・絹袋入)


■銀製五十鈴

 1体 金20万円也【原寸大:10センチ大】(純銀製・唐櫃・桐箱・絹袋入)


■18金製五十鈴

 1体 金15万円也【3センチ大】(18金製・桐箱入)


   上記の神宝に加え、この度新しく下記の五十鈴を調製致しました


■金製五十鈴

 1体 金3万円也【3センチ大】(銀製金張・桐箱入)


◆以上の神宝五十鈴は御参拝にてお申込みの場合は神殿にて御祈祷参拝の後、
 御頒布申し上げます


 社務所授与所にて頒布守

■メッキ五十鈴守 2500円(根付けタイプ)

 メッキ五十鈴守 3500円(ネックレスタイプ)


◆お申込先:大峯本宮天河大辨財天社
      〒638-0321 奈良県吉野郡天川村坪内107
 (TEL)  0747-63-0558   63-0334   (FAX)  0747-63-0848
 

ホームページへお参りの皆さまにお願い

 投稿者:天河神社社務所  投稿日:2006年12月26日(火)14時42分55秒
  この「天河神社からのお知らせ」のページにては
諸々のご質問等は受付しておりません。
申し訳ございませんが下記のところまでお電話・FAXにて
お問い合わせ下さいますようご理解の上お願い申し上げます。

  奈良県吉野郡天川村坪内107
  天河神社  TEL 0747-63-0558  FAX0747-63-0848
 

/1