teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


トリバネの場合

 投稿者:幹也  投稿日:2018年 4月 9日(月)07時38分20秒
  トリバネアゲハ♂は僕は、まず腹部と胸部の境目に熱湯を注入して熱湯にアンテナと頭部を漬けます。
そしてテッシュの上で、翅の付け根周辺の筋肉を破壊します。それから昆虫針を刺して、翅の付け根に接着剤を染み込ませます。それから展翅です。1ヶ月ぐらいは乾燥させます。
それ以外のチョウチョは、タッパーに水とチョウチョを入れ、4~5日おいてから展翅します。
もちろん軟化展翅ですから、翅基部の筋肉の破壊と接着剤は当然です。
 
 

情報交換ができたようで何よりです^^

 投稿者:ふかし  投稿日:2018年 4月 8日(日)20時59分33秒
  管理人は、時々見てるだけの掲示板ですので、自由に情報交換の場にしていただければ、こちらとしても嬉しい限りです。今後も自由にご利用ください。

豪華な展翅内容ですね! 軟化の際、筋肉破壊と糊付けはしていますか? 糊付けはしないと翅が戻ってしまいます。

昨日今日は非常に寒く、標高1000m以上のところは雪が積もっていました! 飛んでいる蝶も大変少なく、1週間前とはえらい違いでした。明日からまた暖かくなるようなので、どんどん季節が進みそうです。
 

調子こいて

 投稿者:幹也  投稿日:2018年 4月 8日(日)17時30分15秒
  夕方、調子に乗ってトリバネアゲハの展翅をやってみました。
ゴライアスとロスチャイルドとプリアムスの各1♂です。
時間はかかりましたが、何とか成功しました。もちろん標本商から買った物です。
この調子で軟化展翅をこつこつとやってみます。
 

成功!!

 投稿者:幹也  投稿日:2018年 4月 8日(日)09時05分13秒
  軟化展翅に成功しました。
時間はかかりましたが、何とか2匹やりました。
やってみて感じたんですが、右手のリハビリになります。
シジミチョウのような小さいチョウチョはわかりませんが、モンシロチョウぐらいの大きさの
チョウチョは軟化展翅出来そうです。
早速、5匹のチョウチョを軟化器に入れました。
軟化器といっても、タッパーの底に水を薄く入れ、その上に水切りを乗せて、その上にチョウチョを
乗っけて、パラゾールを1個おき、4~5日おきます。
しかし、自信がついたなぁ。

のんちゃんへ
ホームページ再開したら教えてね。
病気は、経験のない人にはわからない物です。
 

管理人さんありがとうございました<m(__)m>

 投稿者:のん  投稿日:2018年 4月 6日(金)13時14分54秒
  幹也さん。
うちは、お返事できない状態なので、お話し出来て良かったです。

御身体の方は辛そうですが、趣味に没頭なさって生き生きと生きてらっしゃって良かったです。

私は、後遺症はありますが、5年以上再発せずなので、再発率7割以上なんて情報もあったので、よし!としています。

ネットでお付き合いがあった方が、リアルに現われ、怖い目嫌な目にあい休んでいますが、5年位たって、やっとおさまりつつあるので、もう少し様子を見て再動しなければ、今回の件で助けていただいた方々にお礼を言い、出来れば幹也さんにお返事出来る日が来ればいいなと思っています。

それでは、お元気で(@^^)/~~~
 

のんちゃんへ

 投稿者:幹也  投稿日:2018年 4月 5日(木)19時51分45秒
  よくここを見つけましたね。
ぼくは薬を飲みながら元気です。
4年ぐらい前だったかな?利き手の右手に障害が突然出て困っています。
標本作りも難しいです。
今日の昼前にブラジルの大きめのチョウチョを2匹をタッパーに入れました。水を少し入れ、
チョウチョに水分を含ませるのです。日曜日あたりに軟化展翅に挑戦します。成功すればいいのですが。
まだ展翅(標本作り)していない、国内外のチョウチョが数百匹あるんですよ。へたすると1000匹以上あるかもしれません。
日曜日が勝負です。
あと読書のもはまっています。

のんちゃん、元気ですか?
 

<m(__)m>

 投稿者:のん  投稿日:2018年 4月 3日(火)13時27分12秒
  管理人様、はじめまして。

申し訳ありませんが、幹也さんに連絡がとりたくて、こちらを探し当てました。

板お借りしてよろしいでしょうか?

幹也さん、今、ブログ、掲示板をアップ出来ない状態で、ずっとお返事が出来ない状態ですみません<m(__)m>

幹也さんの掲示板も廃止されていたので、連絡がとれずずっとずっと気になっていました。

相変わらず、蝶のご趣味続けてらっしゃって、お元気そうで安心しました。

私も再開出来る日が来ればいいのですが。。。
ネットのお付き合い、むすかしいですね!

お話できる場所をみつけられ嬉しかったです。

管理人様、まったくお借りするだけで申し訳ありませんでした。
 

南米の蝶は別世界の蝶ですね

 投稿者:ふかし  投稿日:2018年 4月 1日(日)21時12分42秒
  モルフォやアグリアスはいつか採ってみたい蝶ですね。果たしてその頃まで採集に行けるような世界なのか心配ですが・・・。ボロでも初めての自己採集っていうのは、立派な宝物だと思います。コレクションするうえで、完品を買うのはスマートな方法かもしれませんが、個人的には、それでいいのかなぁ・・・と思います。それにしてもモルフォの自己採集はさぞかし感動ものでしょうね。。。素晴らしいです!!!  

思い出

 投稿者:幹也  投稿日:2018年 3月28日(水)00時45分0秒
  夕方からメキシコとブラジルの「タテハチョウ」と「ジャノメチョウ」の標本写真を撮りました。
アメリカ大陸の初採集が、ブラジルのパラ州の州都ベレン郊外でした。東南アジアとは全く違う
チョウチョがたくさん飛んでいて、はやる気持ちと興奮でネットを振り続けました。
樹上を、青く輝いて飛ぶチョウチョを見て「モルフォだ!!」と大きな声を出したのですが、初めて見る
プレポナをモルフォと間違えるほど美しかったです。標本にすると今一ですが、飛翔中はそれはそれは美麗です。
アメリカ大陸の三大美蝶「アグリアス、モルフォ、プレポナ」を痛感した次第でした。初モルフォも
この日に、興奮してネットをブンブン振り回して採集したのですが、ボロボロのデイダミアモルフォ♂でした。
ボロボロですが、モルフォ第一号なので、標本箱に大切に入れています。スカシジャノメも大好きで、
第一号は、薄暗いジャングルの中をヒラヒラ飛んでいたエスメラルダスカシジャノメでした。とても
可憐なチョウチョです。

標本写真をまとめるので、今夜は徹夜です。楽しいけど疲れるでしょうね。
 

今後はどんどん厳しくなるでしょうね

 投稿者:ふかし  投稿日:2018年 3月25日(日)21時02分58秒
  海外での採集は、どんどん厳しくなるでしょうね。時代が時代ですし、残念ですが、仕方がないのでしょうね。日本もどんどん採集禁止になっていますし。種の保存法も今更感がありますが、保全の関係で色々「ウラ」があるのでしょうね。世の中闇ばかりですorz

宮崎ではソメイヨシノが各地で五分咲きから満開のところも出てきました。スギタニルリシジミも結構出ていいて春爛漫です♪
 

レンタル掲示板
/34