teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


今日の老人大学は...

 投稿者:  投稿日:2017年 9月21日(木)18時22分31秒
  終日、共助(=ボランティア)についてお勉強。

リタイア後、今月で丸2年。
そのうち...との考えもありましたが、どうも、その可能性は薄らぐ一方です。

登校時、各信号に尋常ではない数のポリスが張り付いて、最初は安全運転週間に合わせた配置かと思いましたが、天チャン夫婦が昨日から、プライベートで埼玉を訪れ、本日は当地の渋沢生家を訪ねる予定がアナウンスされ、やはり天チャン関連でのポリス動員。

下校時は、行き交うポリス関係の車両が異常に多く、この国にとって天チャンの存在の大きさを改めて実感。


 
 

久々に...

 投稿者:タナカ オサム  投稿日:2017年 9月20日(水)16時02分6秒
編集済
  青☆車のオイル交換を実施。
ずっと、3カ月又は3千キロのどちらか早い方で、経済が許す範囲内で吟味した最高ランクのオイルを注入してきましたが、今回は初めて5W-30の、化学合成を謳っているいるけど、本当はマガイモノを注入。
しかも、前回の交換から5カ月経ち、お約束を2カ月もオーバー。

何せ、5カ月で千キロしか走っておらず、これでは、最高ランクオイルは勿体ない。
比べてKカーは3年と少しで7万キロ近くを走り、完全にメインとセカンドカーの立場が入れ替わり。

最近では、青☆車はチョイ乗りが殆どで(これが本当のシビアコンディション)、従来より3カ月又は3千キロを厳格に守るべきなのですが、☆車に比べてオイル交換を手抜してきたレガシィのエンジン、タービンが20万キロでも壊れなかったので、今後は☆車も3カ月又は3千キロに拘らず、経済を優先。

米国の大統領が、北の豚をロケットマンと命名、北の豚には及びませんが、なか~に時宜を得た命名と思います。腰抜けだった歴代(特にオバマ)と比べ、ネジが切れているだけに、逆に期待できるかも?

ところで、このハゲーと絶叫し秘書に暴力をふるった、真由子議員(名前だけは可愛いのに....)が、議員を継続方針とか。
同じ県の選挙区で、同じ脳天ハゲとしては、かなり気になります、この欲深き女に投票する御仁がいるとは思えないのですが...。
 

今日の朝刊...

 投稿者:  投稿日:2017年 9月20日(水)08時17分19秒
  A新聞、経済紙とも、1面を使って名古屋のカーメーカーが新ブランドGRの宣伝。

トヨタ、遅すぎ? コスト重視で乗り心地だけを考慮した自動車だけを造って数十年、やっと気が付いたのか?

本日は、先行発注したスズキ車の発売日。ここはケチで、お金をかけて新聞広告を打つかどうかは、明日まで分からず。なにせ、軽自動車を除くと、スズキ唯一のスポーツ車と言えるGR的な車。

このタイミングでのGR発表は、予め分かっていたスズキ車の発売前日にぶっけてきたという感なきにしもあらず。
片手で握手しながら、残った手で殴りあうという、メーカー同士の健全な姿だと思えます。

エンジン性能ではなく、足回りの性能が全て。
それにしても、GR、50年前にこれが出ていたら、自分のトヨタ車の印象も随分と違ったかもしれない。
GR、試乗して良ければ、宗旨変え....ながら、こちとら既に残された時間は少ない上に、年金生活者で、GRとは縁無く終わる可能性大ですが、それはそれでよし。





 

西行戻し...

 投稿者:  投稿日:2017年 9月19日(火)14時29分45秒
  各地に「西行戻し」と呼ばれる逸話が伝えられている。共通して、現地の童子にやりこめられ恥ずかしくなって来た道を戻っていく、というものである。
ネットで、上のように解説されている、西行が戻ったという橋を渡ってみました。①②

暑さが戻りましたが、空気が乾燥しているので、気持ちよく走って秩父の長瀞まで行って折り返し。
往路、陣見峠の頂上に着いて休んでいると、1、2分後に、もう一人のご同輩が登ってきました。お見受けしたところ50歳代で、明らかに彼の方が余裕があり、危うく追いつかれるところだった訳で、とりあえず安堵。

倒木による通行止めが解除され、予定したコースを長瀞に下り、③長瀞の元気プラザで小休止してから、自宅方面へ出発。激坂はないものの、長めの上り3カ所を含めて66キロ、3時間、それなりに疲労。

 

一昨年に1回だけ...

 投稿者:  投稿日:2017年 9月18日(月)11時58分47秒
  お世話になり、昨年は都合が合わず行けなかったスキー学校から届いた案内。
中を見ると、35年の間、根城にしていた旅館が閉館するので、旅館変更のお知らせ。

一昨年の時点で、一ノ瀬地区にも、既に閉館し灯りが無い寂しい佇まいの旅館の建物がありましたが、ついにアソコも閉館とは!
バブル時に、年間で1700~1800万人を数えたスキー人口は、既に1/3ほどになり、旅館が余ってしまうのは自然なこと。

バフル時の酷い殿様商売を覚えているので、ザマアミロ..という気もしないではありませんが、寂しくはある。スキー人気の衰退を、ボードでは補えず、ソロ~ここらで打ち止めにしないと、スキー場も経営を継続できず、滑る場所が無くなるのでは困ってしまう。

確かにBCもありますが、体力に自信が持てず、いまだに正式なBCデビューができていない身としては、リフトが無くなるのは非常に辛い。






 

担当のセールスが来て...

 投稿者:  投稿日:2017年 9月17日(日)14時24分9秒
  発注した車の自動ブレーキの書類にサインを求められました。

こんなブレーキ、付いていなくてもOK、付いていても、これに頼る積りはないので、自動車メーカーの心配は、少なくとも自分については杞憂です。

世の中広いので、偶々停止せずに追突したりすると、メーカーに文句を言う手合いは必ずいるので、メーカーも、予め顧客からサインをとって自己防衛という訳でしよう。

今後、ますます自動運転なるものに近づいていくのでしようが、車オタク爺としては、生きている間、クルマの動力はエンジンだけで充分、ハイブリッド、EV等も運転したいとは思わず、まるで前世の遺物。

 

台風が...

 投稿者:  投稿日:2017年 9月16日(土)19時18分50秒
  北朝鮮へ行けばよいのに、九州の手前でカクンと折れて、本州に沿って北上するコースを辿りそうで難儀な事です。

明日からは雨なので、昨日と今日は、連続で走り溜めをして、台風対策。
9月中旬、さすがに涼しくなり過ごしやすくなってきました、早くもスキー学校からこの冬の案内が届き始め、まだチャリの季節が終わっていないのに、少しその気になってきました。

チャリ運動の想定外の効能は、何千、何万を数える脚の回転によって膝の血の巡りがよくなるらしく、この夏は膝サポーター無しで過ごせたこと。
例年であれば、短パンで過ごす夏は、冷えてひざ痛が出るのですが、サポーターの必要を感じずに済みました。




 

朝から...

 投稿者:  投稿日:2017年 9月15日(金)07時58分16秒
  上空を通過するであろう、又は通過したミサイルのTV特番がずっと続き、丈夫な屋内へ避難、それが無理なら、窓から離れろ...とな、ブハ!です。
明らかに、騒ぎ過ぎ。

駐留米軍を含み自衛隊にも、北の豚が放ったミサイルを打ち落とす能力は無いと確信していますが、せめて、こういう機会を捉え、万一に備えて撃ち落とす練習、訓練をしてもらいたいものです。

日本はずっと前から十分な射程に入っています。
開発を止められないのは過去に照らして明らか、早いとこ、米国本土まで到達するミサイルの技術開発に成功した方が、歴代の大統領に続きハリボテで、実際はチキンハートのトランプも本気を出せるかも?




 

夏休みが明け...

 投稿者:  投稿日:2017年 9月14日(木)22時33分11秒
  今日は2回目の老人大学。
国の施設を借りていて、日によって他団体と一緒になる事も多く、今日も食堂は大混雑。

今日の他団体は、若い男女、若くても野郎には興味が無く、仲間と飯を食いながら、向こう側の若い女性達が目に入ると、何故か若返ったような気分になるのは気のせいか?

午後は、各5名ずつ、合計10名の爺、婆が集まってミーティング、これだと互いに全く若返りの気配は無いので、昼食時に若い女性達を見て若返った気分がしたのは錯覚ではなさそう...。

一瞬でも若返った気分になれたせいか、放課後にクラブ活動で行った久々のノルディックウォークは、かなり調子が上がりました。






 

ドイツの...

 投稿者:  投稿日:2017年 9月13日(水)18時24分19秒
編集済
  フランクフルトの自動車ショーで、昨日、購入予約済みの車が正式発表され、今日になって国内でも正式発表。

チト、気になっていたのは、フランクフルトでこの新車を誰が発表するか?
トヨタとの提携話では、爺の修会長が現れ、経営を任せた筈の長男の姿が見えずに驚きましたが、今度も復、爺がシシャリ出てきたら、マジにこの会社の株は買えません、しかし今度こそ現社長の息子が出てきたので一安心。

車工場の設備製造会社で禄を食んでいて、スズキが絶大な覇権を確立しているインドで、修チャンの超絶な権力を目にして以来、この会社の後継問題に注目。

ヤナセの爺は、経営を任せた筈の娘婿を引きズリ下ろしてまで、復活しましたが、修チャンは大丈夫か?
高齢になっても、覇権を失いたくない気持ちは分からないではありませんが、やはり、老いた爺は早めにいなくなるのが良い場合もあります、これで、何とかスズキはソフトランディングできるのか?

 

赤腹?...

 投稿者:  投稿日:2017年 9月13日(水)14時54分29秒
  イエ、アカハラ、正式にはアカデミックハセスメントと言う、今回、初めて知った言葉です。

暫く前、連れ合いの同僚が生徒の親から突き上げられ、職を辞するに至った話を聞いていました。真実は分かりませんが、生徒にとって何らかの辛い仕打ちがあったのは、確からしい。

今回、流れたニュースは、某大学で起きた複数の生徒を精神的に追い込むという酷過ぎる話で、この先生は諭旨解雇。
牡である教授が、特定の女生徒に対してセクハラしてしまう話はよくある話で、その仕組み?は理解できなくもないが、複数の生徒に対して精神を病むまで追い込んでしまうという、その先生の心の仕組みは、理解不能。
先生になるべきでない、精神的、人格的に狂った人が先生になってしまうのは不幸な事ですが、世の中は広いので、そういう事も起こり得るということでしよう。

ただ、諭旨解雇はないのでは? このケースは当然に懲戒解雇でなければなりません、私的には、これは傷害罪に該当します。

さて、チャリですが、昨年来約9カ月を漕いできて、平均速度が頭打ちになっているのが気がかり。
信号の無い土手上の4、5キロの直線であれば、追い風参考で、非常に頑張って40キロから上は45キロぐらいの速度を維持できるようになりましたが、普段は30キロを超えれば上出来で、1日の平均速度は23キロ~25キロに過ぎず、平均時速35キロで走り続けるなど夢のまた夢。

せめて、平均時速30キロで走り続けるようになりたいものの、所謂ペダリングスキルというものが大きな壁。距離ばかり走っても、ペダリングスキルは一向に上達の気配なく、ここらでペダリングに特化した小技を磨くことにしました、
12時から3時までを漕ぐ..という理屈は理解していますが、1回転がほんの一瞬なので、普通に走るばかりでは、3時以降で力を抜くという事が非常に難しい。










 

最終日だそうで...

 投稿者:  投稿日:2017年 9月11日(月)16時05分13秒
  AM3:30まで起きていてプエルタ鑑賞、挙句に眠いのに眠れない病が発症し、その後もずっと起きているので何となく頭がボーッ、これでは、長生きは無理そう?
寝ぼけ状態で走るチャリは危険で、スポーツクラブも辛そうなので、今日は終日PC遊び。

今月20日に発売される車のカタログが届き、ハッチバック車なのに、その余りにSUV然としたホィールが気に入らず、これを冬用に廻し、夏用として新しい社外ホィールを物色。
カタログから分かるのは、ホィールのインチ、穴数ぐらいなもので、社外ホィール物色に必要な純正ホィールのインセット等の値を問い合わせたが、この若いセールスは全く要領を得ず。

車オタクとしては、セールスマンにもある程度の知識を期待してしまうものですが、多くの場合、これは無いものねだり。知識不足でも接客が上手なセールスの方が成績は良いらしく、世の中上手くいきません。

午後からは、18年の長きにわたり床下で回り続けた、白蟻対策用のファンを新しいのに交換。
機器の寿命は10年前後で、18年も故障無く動き続けるのは珍しいとか。

今後、自分が生きている間は、故障せずに何とか機能を維持して欲しいもの。





 

真夜中に...

 投稿者:  投稿日:2017年 9月10日(日)01時29分34秒
編集済
  コンタドールが最後の雄姿を見せて、プエルタエスパーニャ名物の激坂ステージで優勝。

このブエルタの各ステージで、ゴールまで得意のダンシングが続かず、途中で千切れてしまう姿を見ているので、今夜も最後までもつまいと思いつつ鑑賞。
しかし優勝して欲しい思いは、アナウンサー、解説者、観ている者全て一緒、凄いです、ここまでは目立たないTREKでしたが、今夜はコンタドールが見せてくれました。

何で今更、終わったコンタドールをエースに迎えるのか?と疑問に思いましたが、TREKの見立ては正解でした。

フランスに続き、ブエルタでも総合優勝したフルームで、確かにそれも凄いことなれど、自転車レースの古典的な真の醍醐味は、単独アタックのコンタドールの戦い方にあり、観ていて面白い。

追加(ニュース抜粋)
クイーンステージで有終の美を飾る

第72回ブエルタ・ア・エスパーニャ(UCIワールドツアー)は、9月9日にコルベラ・デ・アストゥリアスから標高1560メートルでカテゴリー超級のアングリル山頂までの117.5kmで第20ステージを競い、今大会で引退する地元スペインのアルベルト・コンタドール(トレック・セガフレード)が逃げ切って区間優勝した。彼はブエルタで総合優勝した2008年にもアングリル・ゴールの区間で優勝していた。

マイヨ・ロホを着た英国のクリストファー・フルーム(チームスカイ)は、チームメートのウァウテル・プールス(チームスカイ)に引かれ、17秒遅れの区間3位でゴール。総合首位の座を守り、最終日にマドリードへと凱旋することになった。

■引退レースのクイーンステージで区間優勝し、有終の美を飾ったコンタドールのコメント「プロ選手としての自分のキャリアに終止符を打つのに、アングリルで勝つほど良い事はないだろう。今朝、今日は僕の日であり、このやり方で別れを告げなければならないとはっきり自覚していた。事がうまく運んでうれしいよ」
 

午後一で...

 投稿者:  投稿日:2017年 9月 9日(土)17時44分42秒
  老人大学の学園際で行うクラスの出し物の練習。

本番では、よさこい、きよしのズンドコ、秩父音頭、阿波踊り...の4連チャンを20分で消化予定。3時間近くの練習で、前の方を真似れば何とかなりそうな雰囲気となりましたが、キット明日になれば忘れている筈。

40数年前の自衛隊体験入隊では、右へ倣え...で、左に倣ってしまい、加えて音感ゼロ、リズム感ゼロにつき、そのストレスは生半可ではありません。

ただ、一方で、天性のズボラにつき、一人だけ調子が狂った方が、観ている人は楽しいだろうと確信し、このままでぶっつけ本番いきます。


 

朝一で...

 投稿者:  投稿日:2017年 9月 9日(土)10時25分59秒
  チャリのタイヤ前後を交換。

車のタイヤで好印象のコンチネンタルでしたが、最初からチャリに付いてきたボントレガーより、明らかに劣った品質でした。
製造上の不具合なのか、タイヤに数カ所の凹が見受けられ、評判ほどの性能も感じられず、加えてパンクにも弱く、既に準備してあったビットリオへ交換。
これも駄目な場合は、再びボントレガーへ戻ろう。

外したタイヤは、まだ使用可能で、冬の間、室内で漕ぐローラー台で再使用の予定。


 

早速...

 投稿者:  投稿日:2017年 9月 8日(金)17時21分2秒
  宮沢崇史方式?を試してみました。

感覚を確かめる為には、平坦路を長く走るのが好かろうと考え、利根川を遡って、渋川までの往復120キロ。
北からの向かい風が強烈で、途中で何度も心が折れそうになりながら、我慢して何とか渋川へ到着。
逆に帰路は追い風となり、無風に近い状態では決して維持できない、高い速度を長い時間継続できて、これはこれで気持ちが良い。

利根川を離れ自宅に向かって走り始めて数分で、後輪がパンク。流石に、今回はサク~と手早くタイヤ交換できましたが、チャリに異変を感じてからパンクを自覚するまでの時間がかかり過ぎ。
ここの感覚をもう少し研ぎ澄ませないといけません。

①手前から利根川、前橋市、赤城山






 

物事を...

 投稿者:  投稿日:2017年 9月 6日(水)17時06分33秒
  始めたり、初めて学ぶ時、専らその関連本に頼るのが常で、最近はチャリ本を乱読。

プロまでを意識した内容が高度な翻訳本、エンゾ早川のようなチャリ屋の親父が書いたもの等々で、何れの内容も70歳に近い爺を対象としておらず、やるべきトレーニング内容は年齢ギヤップを意識して読み解くことが必要で、基準がないので、それなりに適当に解釈。

今回、取り寄せたのは、長野工業出身で、それなりのレベルに上り詰めた宮沢崇史氏のトレーニング本。ツールの解説者として頻繁にTVに出ているので、試しに彼の本を取り寄せてみたのは大正解でした。

スキーでも、自分に合う教師とか、技術解説者というのは必ずいますが、チャリでは初めて出会ったドンピシャな内容。
スキーと同じく、理屈だけでは、進歩しませんが、自分の現状レベルでの疑問点等、かゆい所に手が届く内容で、チャリの実走にも熱が入りそう。





 

思うところあって...

 投稿者:  投稿日:2017年 9月 5日(火)18時56分17秒
編集済
  特定非営利活動法人自転車活用推進研究会なる、長すぎて舌を噛みそうな名前の団体へ加入登録をしました。
こういうのを、隣のTOMO氏も参加しているNPO法人というのでしよう、たぶん....。

ここで発行している、車の後部に貼るステッカー(有料)を入手したものの、このステッカーはいままで、一度も見かけたこと事はありません。
つまり、道路を自転車にもシェァして下さい、ついては、自転車を抜くときは、自転車と1.5mの間隔を空けて下さい..の内容を、自動車のドライバーに対して訴えるステッカー。

日本の狭い道路事情を考えると、常に1.5mの間隔を保つのは無理かも?ですが、少しでも空けて欲しいのは、ひっかけられると命が危うい自転車乗り全ての切なる願いなので、早速マイカーに貼る事にしました。

車の後部にベビイ イン カーなるステッカーを貼っている車を頻繁に見かける。
その度に、だから何なの? べビイを載せているのはそちらの勝手、だからといって後続車両に迷惑な運転をしてもよいとはいえない、何が心配なのか不明ながら、そうであれば左端をトロ~と走れよ...と内心思う爺が、これを貼るのは少しおかしいかも知れませんが、自転車はベビイを載せた車より遥かに弱者なので、許されるでしよう。





 

曇天下...

 投稿者:  投稿日:2017年 9月 4日(月)16時55分24秒
  暑い思いをせず、久々に峠二つを超える東秩父村コース約60kmを、快適に走ってきました。

4月から8月までの5カ月で、ほぼ3000kmを走行、月平均では750km、意気込みの割に少な目な距離ながら、競技関係なく趣味で走っているだけの爺としては、こんなもんでしよう。
11月は北風が強くなるので、今年の残りは実質2カ月、外を走らない冬の間に、完全な初心者に戻ってしまった昨冬の失敗を繰り返さないよう、この冬は対策予定。

入れ替わりの車のタイヤ、ホィールは、PCD等の違いで今までのスバル用が使えず、新たなスタッドレスタイヤが必要となり、ネットを見るとBSが今月から最新作を発売。
早速、タイヤ館から、カタログをもらってくると、最新作は性能に不足を感じなかった旧作から一段と性能アップ。

メーカーを信じるならば、全ての性能が上がっているので、たとえ価格がこなれていても旧作は買い難い、ほぼ2年毎にモデルを更新し、その度に少しずつ性能を上げるBSは商売が上手い?







 

台風の進路が...

 投稿者:  投稿日:2017年 9月 1日(金)14時47分54秒
編集済
  想定されたコースより東に寄ったのか、雨予報が外れ、朝から太陽が顔を出し、喜び勇んで森林公園詣で。

期限切れの老人パスポートを更新し、その後は気持ちよく走行、3周してから軽食を摂り、食後に追加で1周してから帰宅。

細かなアップダウンはあるものの、激坂は一切なく、コース状況も分かっているので、立ち漕ぎを有効に使えるのが嬉しい。
昨年は、インナーローで青息吐息だった幾つかの上り坂を、アウターのまま、ダンシングで一気に上れるようになり、ソロ~初心者の域を脱しつつあるかも?

サッカーの予選、例によって突然ファンになり、TV鑑賞。
Jリーグは見ないので、新しい若い選手の名前を知らず、メンバーの中で名前の分かる選手はほんの数人。
日本の2点目、ディフェンダーをかわしての技ありのミドルは、まるで西欧の選手を見るようで、日本も愈々次なる段階に入ってきたかも? 本チャンで1回ぐらいは勝てるかも、期待大。

次に観たスペインのツールは、コンタドールが調子を上げてきて、非常に楽しい。

①野外の軽食の場所
②③さすがは、国の施設、お金がかかっていて見事


 

レンタル掲示板
/145