teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


信号ストップの無い...

 投稿者:  投稿日:2017年 5月29日(月)14時43分25秒
  国営の森林公園へ行き、4周(70km)を走ってきました。

チャリ屋の店主は、上り下りが多く嫌いなコースと言ってますが、カーブも多く自分は好きな場所。
ほどほどの間隔で、カーブ、登り、下りが次々に現れるので、普通に走るだけでインターバルトレーニングに似た効果が見込めるような気がしています。

平日なのに、チャリ客が多く、時々は、追い越しで手間取りましたが、比較的クリアーとなった4週目で挽回し、何とか平均速度が29キロに届き、次回はもう少し頑張って30キロに届きたい。
同じ上り坂で、昨年よりツラサ、シンドサが少なくなったと感じられるので、少しは進歩しているようです。

途中、道路に出てきた蛇を轢きそうになりましたが、種類は不明、どうも蛇は苦手です。同じ場所で2回休憩し、後ろをみたらマムシ注意!







 
 

中8日を空けて...

 投稿者:  投稿日:2017年 5月28日(日)12時09分43秒
  走ってきました。

旅行、老人大学、雨等で、久々にチャリに乗った感覚。
疲労が溜まっていないので、調子が良ければ峠を3つ含む最も長い新しい定例コースを走る予定が、最初の登坂で脈拍が170に届きそうになり、御身大切で最も短いコースに変更し、約2時間ほど走行。
普段は160が最高の上りで10近くもアップするという事は、身体のどこかが本調子ではない証拠。

年齢が若く、レースを目指しているのであれば、ここからドン~踏んでいかなければならない筈ですが、老人が健康の為にしているチャリなので、無理はしません。

本当の所は不明ですが、自分の場合、健康を害さない安全な最高脈拍は160と考えています。よくある220から年齢を差し引く計算では、最高脈拍の推定値は152にしかならず、この計算式では安全許容が低すぎ、安心して峠を上る事などできません。







 

ゴッドハンドの手技を受けに...

 投稿者:  投稿日:2017年 5月27日(土)18時14分55秒
  佐久へ行ってきました。

数日前に、バスで下った八風山トンネルを、自らの運転で下るのは少し妙な感覚。
予約時間に縛られる往路は少し飛ばしたものの、特に用事の無い復路は、オートクルーズに頼ってユッタリと走る予定が、高速に入って数分後の最初のトンネルで早くも挫折。

☆車で同じ運転をすると、日本の道路事情では、完全に〇キの運転になってしまい超危険、一方同じ事をKカーでしても、加速、速度とも制限があるので、かなり安全?

どこを走っても、Kカーには性能を使い切る楽しさ、快感というものが確かにあり、最近では、☆車のハンドルを握ることが少なくなりました。

20万キロを超えた連れ合いの車の車検まで残り1年、エンジン本体とタービンは何とか30万キロまで耐えられそうですが、前後とも4セットを交換した足回りがガタゴトと喧しく、1年後に廃車にすべきか、車検を受けて延命させるか、悩みどころ。




 

泊まった信州の宿から...

 投稿者:  投稿日:2017年 5月26日(金)15時16分40秒
  23日の朝に配られた信毎の朝刊を持ち帰り、記事を改めてチエック。

これよると、2016年の長野県内主要23スキー場の利用者数は、統計史上最も雪不足だった15年を上回ったものの、近年の平均である500万人に届かない482万人とのこと。

500万人に届かない原因は、スキー場がオープンする12月の雪不足による集客数減にあるようで、丁度この頃は、右アバラ痛で自宅待機していた時期と重なり、12月が雪不足だったとの記憶が残っていません。

降雪が間に合った年末には、キネシオテープの助けをかりて、何とか雪上に立てていたので、年間滑走日数は前年に1日届かない54日に到達。

最終4月のスキー学校では、一緒に滑ったスキーオタクの女史から、滑り慣れているスキーとの評価を得たものの、上手い、抜群に...とかの評価は得られず、ここが自分のスキー技術の問題点。

教師に、今冬の滑走日数を問われ、既に40日を超えていたのに、そのまま正直に申告するのは恥ずかしく30日と回答。そうなんです、近年になり滑走日数は増えましたが、技術が頭打ちで、上達度合が滑走日数に比例しないのが大きな悩み。

そうこうするうちに、肉体の老化がチラホラし始めたので、頭を使ったオフシーズンを過ごし、加えて今度の冬には、気に入った教師からマンツーマンで教わってみようと思っています。










 

前文部次官殿...

 投稿者:  投稿日:2017年 5月26日(金)12時11分48秒
  天下り問題で責任を問われ首になる前に、嫌々ながらも自ら職を辞したため、滑り込みセーフで8千万円と伝えられる退職金を手にした方。

天下り問題の責任者にして、中心人物だった為、団体の理事等(高給を食めるが仕事は何もしない)の椅子は用意されなかったと思われる。

身から出た錆びなのに、この意趣返しか? 今になって砂かけ婆に変身。
男は黙ってサッポビールが格好良いと思えますが、自分が所属した組織、それも自分がトップを務めた組織に砂をかけるなど、言語道断!


 

よく食べる...

 投稿者:  投稿日:2017年 5月26日(金)01時03分13秒
  爺、婆達でした。

自分達を含め、棺桶に片足を突っ込む時期がそう遠くない老いた夫婦が大半の30名のッアーで、驚き、感心したのはその老人達の旺盛な食欲。
経験則では、食欲旺盛な老人は長生きするような気がします。

殆ど動かない為、空腹を覚える間は無いのに、ヨボ~の出始めた老人が、残さずによく食べるのは、見かけと違って内臓が健康な老人が参加しているからだろうと想像。

足腰の痛みや老いと、内臓の老いは別物らしく、自分の臓器が実年齢より老いてしまっている事を自覚する旅となりました。
内臓の老いを遅らせる対策は思いつかず、目先はスポーツクラブとチャリを継続するぐらいしかなく、加えて老人大学のクラブ活動で、肩痛以来休んでいたノルデイックウォーキングを再開することにしました。

①中禅寺湖
②富士山






 

豚になった気分の...

 投稿者:  投稿日:2017年 5月24日(水)21時02分59秒
  4日間でした。
朝夕とも洋食コース、最終日の今日は昼飯まで洋食コースで、他の時間は専らバスに乗っているだけ、今後 体重計に乗るのが怖い....。

日光の金谷、軽井沢の万平、箱根の富士屋で各1泊。何れも旧い建物、施設に多少の不便はあるものの、それなりに面白い泊まり歩きでした。

毎朝の卵料理は、全て目玉焼きを選んでみたところ、富士屋のが最も良い出来栄えでした。
総じて一長一短で、どこが良くて、どこが駄目とは言えない、クラッシックホテルでした。

明日からは、日常に戻ります。







 

小さい街ですが...

 投稿者:  投稿日:2017年 5月20日(土)14時40分7秒
  NPO法人の手による、小さな映画館があり、極くまれに行きます。

本日は、アンコールによる人生フルーツの再上映最終日につき、夫婦で観に行きました。
自分的には90歳になる旦那の、腰が曲がっていないシヤッキとした立ち姿に感動! 加えて、MTB風のチャリを転がす姿にも違和感がありません。

遺伝的な素質と現状の足腰の状態から推して、万一、90歳まで生きても、アレと同様の姿勢を維持するのはほぼ不可能で、世の中にはすごい方がいるもの。

自分は、目標を下げ、80歳までは腰が曲がっていないシヤッキを目指し、曲がり始めたら、この旦那のようにコロリと逝こう。


 

隣の御仁は...

 投稿者:  投稿日:2017年 5月20日(土)08時59分22秒
  シルクロードへでも出かけたのか? 此方は、費用の工面が難しいのもありますが、もう海外まで出かける元気はありません。

可能性があるとしたら、スキー目的ぐらいか...、これも山の神から費用制限が課せられ、海外へ行くとその冬は国内で滑れなくなるので、それであれば、国内で回数を滑る方を選ぶことになります。

明日から3泊4日で、日光、軽井沢、箱根のクラッシックホテルを巡る旅行へ出かけてきます。シルクロードに比べると随分と俗で、肩身が狭いわけですが、マア、これが分相応。

パランス能力の判定に閉眼片足立ちがあり、これは年寄りの不得手な種目で、最近では片足を大きく上げると目を開けていてもフラ~する傾向となり、特に左足で立つ場合が宜しくなく、スキーの不得手がそのまま再現。

本当は、普段の不得手がスキーでも現れるだけなので、これの改善を試みていますが、68年も積み重ねた結果に老いが加わりつつあり、改善効果は.....?
でもまあ、改善に向けて頑張ろう。
 

降雨や学校で...

 投稿者:  投稿日:2017年 5月19日(金)14時16分35秒
  中3日を空け、いつもの長い方のコースに、松郷峠を追加して、76キロほど走ってきました。爺なので、2、3日間が空くと、明らかに脚が軽く、調子も上がります。
プロやセミプロのように、毎日100キロ以上を走るなど人間業とは思えず、実力に応じ、疲労度を指標にすれば、オーバートレーニングは防げる筈。

峠のヘアピンコーナーなど、非常に斜度のある区間は、長い距離は無理ですが、下手ながらダンシングで上る要領が少しつかめてきたので、昨年より楽に上れるようになった気がする。

プロのダンシング技術を10とすると、現時点の自分の実力は2ぐらいか? 今後、伸びる余地が大きいと前向きに解釈しよう。

走行会は別として、単独では、初めて、小川町から都幾川村へ入りました、松郷峠は狭いのですが、車は少ないので比較的安全。
ただ、同じ峠道を引き返すのは嫌なので、並行している斜度の緩めな主要地方道を走って小川町へ戻ったものの、大型トラックが多く、かなり危険で、ルートの再検討が必要。
リスクは承知ながら、なるべく安全な方がベターなのは間違いありません。



 

今日の老人大学は...

 投稿者:  投稿日:2017年 5月18日(木)18時02分56秒
  午前はクラブ編成、午後は講義。

クラブは、ノルデイックウォーキングを選び、チャリ開始以来埃を被っていたポールを再び持ち出すことになりました。

講義は、近くの短期大学の10歳年上の学長さん、健康オタクの自分はこの分野を読み漁っているので、特に目新しい内容はなし。
気になったのは、4回も繰り返した私は非常にスキーが上手との発言(自慢?)、恐らく生徒の中でスキーを趣味とするのは自分ぐらいなもので、それが本当か確かめる術はなし。
それにしても、自らスキー上手を自慢する方に出会ったのは初めてです、実ほど首を垂れるという諺もありますが....。

谷垣議員の負傷事例をあげ、老人のロードバイクには否定的でしたが、全てのロードチャリ乗りがリスクを承知して乗っている筈なので、余計なお世話。
彼の主張のように、ママチャリに乗って身体を鍛錬するのは、難しいと思います。

帰りは、自宅と逆方向の峠を走り、チャリのルートフアィンディングをして来ました。



 

夕刊に...

 投稿者:  投稿日:2017年 5月17日(水)17時48分11秒
  世界ランク211位に落ちたシャラポアが、全仏への主催者推薦を得られずに、出場できないとの記事。

説明は、怪我からの復帰者に対する推薦は有りうるが、ドーピングからの復帰にはあり得ない....。

妥当な判断でしようが、ヨーロッパへ出かけて向こうのロードレースを戦ってきた日本人プロレーサーによると、欧州のロードレースでは、勝負所が迫ってくると、皆さんが一斉にTV放映されないような場所、時間を狙って、走りながらお薬タイムを始めるそうで、これを知って笑えました。
勝負所が迫って服用するというのは、今は禁止されていなくても、何等かの効果がある、又は見込めるという事。

その時点では、禁止薬物でなくても、何やら後ろめたいという事で、TV放映されないように服用するらしい。プロは生活がかかっているので、禁止されていなければ、何でもありという訳で、その気持ちはわかります。

因みに、シャラポアの使った薬は持久力に効果があり、ロードレーサーで引っかかった選手もいたようで、これからも、禁止と新薬開発?のイタチゴッコはずっと続くんでしようね。

 

チャリの日ですが...

 投稿者:  投稿日:2017年 5月17日(水)09時50分19秒
  天気がよろしくなく、スポーツクラブに変更。

こういう天気では、天気予報の雨雲の動きを頼りにしますが、どうもこれの信頼度が薄くて困りもの。

困りものといえば、米国の大統領もかなりの困り者? やっばり、任期を全うするのは難しいかも?


 

この歳になってやっと...

 投稿者:  投稿日:2017年 5月16日(火)08時37分33秒
編集済
  分かってきたのは。

普段の生活で、出来ない身体の動きは、滑る雪の上でも、走るチャリの上でも、正確にやることは絶対に出来ないということ。

マア、分かっていなかったというか、普段の生活で出来るようになる努力が決定的に不足していたという意味です。

滑り始めの初心者の時から、左脚に乗れないのが悩みで、靴のカントを調整したみたり、左脚の捻りを多くする等、色々と試みたものの、決定打はなく今に至り、ロングターンで油断すると左腕が後ろに引けてしまう傾向も同様。

このような傾向は、筋肉を鍛えても改善されず、筋肉、関節、神経の動きを改善しないと治らず、今後6カ月をかけて、この観点から身体の動きを修正する事にしました。

プロのトレーナーがついている訳ではないので、試行錯誤するしかありませんが、最低限の効果は見込める筈、それにしても、長年に渡りこういう点に頭を使っこなかった事を大いに反省。
頭が悪いというか、簡単に言うと、資質が不足していたという事になりますが、マア、頑張ろう。


 

春の健診...

 投稿者:  投稿日:2017年 5月15日(月)12時10分13秒
  この季節、年に一度の歯医者通いで、歯垢なるものを削り取ってもらっています。

8020を目指しているわりに、歯磨きがいい加減で、歯周病の進行度を調べられる時は緊張しますが、今年も何とかギリ~でセーフ。

80まで生きられるか分からないのに、8020もないものですが、75までピン~でスキー、チャリをやり、最低でも80以上でコロリが希望。

入歯だった両親の不自由な最後をみているので、少なくともピン~の間は、なるべく多くの歯を残したい。

 

チケット拝受・・

 投稿者:パコ  投稿日:2017年 5月15日(月)07時00分55秒
  6月3日、4日は、お田植えのオペレーターでしたが、日程調整ができ3日でお役目終了予定。4日にマドンナと出かけます。
 
    (kn.)  お忙しいところを調整して頂きありがとうございます。
 東御市文化会館サンテラスホールの地図 はここで見てください。

https://www.mapion.co.jp/m2/36.36061259,138.34021133,16/poi=0000TOSA_001pa

 高速の場合は東部湯の丸IC南の信号を直進して数分先右側がホールです。
 

やっと写せました。

 投稿者:きょう  投稿日:2017年 5月14日(日)10時03分28秒
編集済
  パコ製巣箱に、今はスズメではなくシジュウカラが住み込んで、子育てしています。
親鳥の口からはみ出す程の大きな虫をくわえて来るので、そろそろ巣立ちかもしれません。
一つ発見したのは、シジュウカラは巣材に苔を使うということ。
スズメは枯れた草の茎でしたが。
湿っていた方がシジュウカラにはいいんでしょうね。

☆さんもkn.さんも、それぞれの道で忙しそうですね。
来月4日東御市サンテラスホール、聴きに行く予定です。(^ ^)
そして今週には、私の方は、2回目の老人講座です。
先月の復習をしないと、、、すっかり忘れています。
 

恵みの雨。

 投稿者:kn.  投稿日:2017年 5月13日(土)17時47分0秒
編集済
   朝から昼過ぎまでテレビ三昧。
 トライアスロンでバイクの疾走を見ていました。市街地を走るのは楽しそう。

 今日の雨、このところカラカラお天気が続いていたので、この辺ではちょうど良い御湿りでした。

 長かった冬に比べると花の時季もあっという間に過ぎて行きました。
 次の青葉若葉の時季もさっと過ぎて行きます。(写真 上)
 散歩で上空に囀る雲雀を見ていると飽きませんでした。(小さく写ってます) (写真 中)
 こんな風に浅間山を撮ったのは初めてでした。 (写真 下)

 来月4日のコンサートに際して、失礼な事とは思いましたが一方的にチケットを送付させてもらいました。来館していただける方がここに来て増えてきて、ありがとうございます。 当日にむけて練習を充実させていきます。 今後ともよろしくお願いします。 



 

http://

 

久々に、終日の雨予報..

 投稿者:  投稿日:2017年 5月13日(土)11時15分49秒
  朝一で、スポーツクラブへ出かけ、帰宅後は屋内でマッタリ。

チャリ屋から、走行会の案内二つ。
一つ目は、この辺りでは有名な定峰、白石、松郷、七重の4ッの峠を1日で上る走行会、二つぐらいならマイペースで何とかなりそうですが、今の実力では4つは厳しく、パスすることに....。

二つ目は、碓氷峠DHとかで、軽井沢まで行く必要があり、ダート走行もあるらしく、これでは意欲がわかずこちらもパス。
チャリ屋から、実力相応の案内が来るまで、個人練習しておこう。

今年は、腕、脚を露出したまま半袖、短パンで走るのを止め、長袖、長ズホンで走ることにしました。
理由は不明ですが、体質が変わったらしく日差しを浴びると皮膚に赤い発疹が表れるようになり、これを防ぐため。
さすがに、顔面は長年の厚顔何とかで、黒いまま変化ありませんが、老人性の黒いシミが増えつつあるような気がするので、スキーの時のように日焼け止めを塗るべきかも。
 

中3日を空け...

 投稿者:  投稿日:2017年 5月12日(金)14時00分9秒
  体力、気力とも回復したので、少々手強い急坂(登坂時間15分)のある新定例コースを走りました。

ほぼ、休憩場所も固定し、小川町にある県立の元気プラザ入口の木陰で休んでいると、老夫婦の車がやってきて、前の広場で旦那が一人で運転の練習を開始。

話好きの奥さんによると、3年前に旦那が同乗していた車の運転手が、アクセルとブレーキを踏み間違い、50mほど落下し、ここへ来てやっと旦那の心身の傷も癒え、運転を再開するにあたり、ここを練習場所と定めて、奥さんの運転でやってきたもの。

見ている限りでは、最初から全く問題の無い運転で、水泳、自転車と同じく一度覚えると車の運転も忘れない。
練習が終わると、夫婦してロードバイクに興味津々、奥さんは持ち上げてみてその軽さに驚いていました。

アクセルとブレーキの踏み間違い防止方法(アクセルは右足、ブレーキを左足に固定)を教えてあげましたが、やはり左足ブレーキの実技を伴わないとこの方法の有効性を理解するのは難しいようでした。

帰りは、旦那が運転するべきとお勧めしましたが、奥さんは怖いらしく、来た時のように旦那を助手席に乗せ自分が運転して帰っていきました。
 

レンタル掲示板
/138