teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


老人大学...

 投稿者:  投稿日:2018年 5月22日(火)18時12分20秒
  何回目かの授業日で、今年の学園の雰囲気に慣れてきました。
本日のクラブ(歩こう会)では、1キロほど離れた場所にある歩行練習予定の公園を、皆で下見。
昨年の学園は国の施設で、校内に全長2キロほどの素敵なウォーキングロードがあって大変恵まれていましたが、あんな環境は例外。

下見でしたがこのクラブの目的を意識して、ダラ~歩かず大股の速足で歩く、しかし遅れて後からついて来る皆さんの様子は、どう見てもダラ~で、ウーム、このクラブの趣旨を理解できていないかも?
たとえ下見でも皆が集まってトボ~と歩くだけでは、気が抜けて徒に疲労するだけ、とても健康に資する歩きとは思えず、次回からの本チャンの行方が案じられる。

明日は、卒業した学園のノルデイックウォーククラブの山歩きの例会。ヤフーのピンポイント予報では終日曇り、ウェザーニュースのそれは正午から雨。
はて、どちらを信じてよいものやら?
参加したい気持ちは満々ながら、雨の中を歩くのは辛いので、準備だけしておいて、明朝になってから最終判断。







 
 

スキーの為に...

 投稿者:  投稿日:2018年 5月21日(月)19時24分17秒
  MTBから入った自転車で、直ぐにロードバイクにチエンジして、今ではスキーとの関連は意識せず、これ自体を趣味として楽しみ、ついでに健康に役立つなら尚良い...の感覚です。

目覚めた直後に寝床で測る血圧は、退職後、上が140を超える早朝高血圧でしたが、今ではこの症状が完全に消失し、昼間と同じくほぼ至適範囲に収まるようになり、これはチャリ効果?と考えています。

チャリ仲間に確認すると、皆が皆、高い血圧が下がる訳ではなさそうですが、屋内の固定バイクと違い厭きずに長時間継続可能な心肺運動で、故障している膝、腰へのダメージも少なく、現在の体調には適していると信じたい。

先の事は分かりませんが、レースとか、ヒルクライム、昨年秋に参加した各種のイベント等への参加には、あまり興味がなく、とりあえずマイペースで楽しめれば充分。

絵画や音楽等の芸術の才に恵まれず、身体を動かす事しか出来ず、動かせなくなる時が来るのを恐れていますが、とりあえず今は、年齢関係なくロードバイク乗りの誰もがなるらしい”速くなりたい病?”に罹っているので、この病ともほどほどに付き合っていくつもりです。







 

チャリ日和ですね、今日も。

 投稿者:kn.  投稿日:2018年 5月21日(月)11時05分20秒
編集済
   私のように運動不足ばかりの日々を送る者にはとっても苛烈なトレーニングに見えるチャリ漕ぎですね。ここらでは今日、風もほとんど無く、漕ぐのに最適日です。一昨日、昨日は佐渡ロングライド210がありましたが、そういった遠征はされないのですか?
 そちらには、平坦地にあるながい自転車道やあるいはさまざまな坂のあるコースが選択できて、これから益々力が入っていきそうですね。頑張ってください。
 
 

朝になって...

 投稿者:  投稿日:2018年 5月20日(日)16時47分50秒
  強い風が止み、ほどほどの湿気に、ほどほどの風があって絶好のチャリ日和。

心なしか体調も良く、勇んで出発。
しかし、7キロ上るいつもの峠では、いままで抜かれた中で最も速い若者に抜かれ、この若者は2コーナー先で姿が見えなくなり、その速さに唖然!

イャ~、坂は自分との戦い...と、無理に自分に言い聞かせて走ったが、前回と比べ所要タイムは殆ど改善されずに、むしろ遅かった....。

遅くても、体調だけは良いので、いつもの場所から下らず、不動山から出牛峠を経由する林道を走ってから長瀞へ。

①不動山付近
②若葉の季節は、少し下らないと視界が開けず、散弾銃の音が聞こえて下の方に射撃場。
③淡々と下る林道、一度だけ、走り屋と思しき車と出会う
 

前線が通過し...

 投稿者:  投稿日:2018年 5月19日(土)12時53分31秒
  朝から晴れに向かったのは良いとして、その後に吹き付ける風の勢いが凄すぎる。

チャリは無理なので、歩くぐらいは何とかなると、畑中の4キロ程の定例コースを一回りしたものの、これ位の強風になると歩くのも難儀で、ポールが風に飛ばされ、リズムがとれないのには参りました。
これで、来週予定されているウォーククラブの予行演習を終了、普段からチャリに偏っていると、歩くことに自信が持てず、最低限の予行練習が必要な身体と心。

ニュースでは、先のレスリングに続いて、フットボールでも不祥事。
両監督とも、学校のしかるべき地位にいるらしく、スポーツ宣伝で学生を集めたい私学特有の哀しすぎる事情と推察。


 

今日は、休養日...

 投稿者:  投稿日:2018年 5月18日(金)10時26分43秒
  起床時は、3日連続で出かける意欲あったものの、体調を考慮し、マッタリに変更。

老人大学とか、チャリ屋の走行会等で会話する中で、自分の外見が健康そうに見える?らしい事に気づくが、これは大きく実態と乖離。

健康そうに見える事が目的でなく、ピン~な健康になる事が目的なのに、身体のアチコチムに痛みがあり、先日の老人大学で行ったラジオ体操では、下腹の痛みで前屈がまともに出来ない有様。
こういうのは、他人様には分からず、逆に自分も他人様の実態を知らず、この身体の各部の痛みが老いるという事の意味らしい。


昨日の蕎麦店は、白石峠に向かう街道の入り口にあり、峠の斜度と道幅の狭さから、フラ~の立ち漕ぎしかできない今の自分には危険なので、ここから奥へ進む事は無い。

蕎麦屋の開店を待っていると、上下とも茶系の渋めのロードウェアを身に着けた若い女性が、たった一人で峠を目指して通り過ぎ、うーむ、その走りは軽快で、自信に満ちたもの。
実際には、彼女には彼女の身体上の悩みがあるのかも知れませんが、そんな事を一切感じさせないその格好良さに、爺は思わず見惚れました。





 

昨夜...

 投稿者:  投稿日:2018年 5月17日(木)15時36分18秒
  チャリ屋から、翌日開催の平日ライドのメールが届き、女性主体のノンビリ走行という内容で、二日連続になりますが、これに参加してきました。
中年女性3名に爺2名が集まり、都幾川方面を70キロほど周回してきましたが、かなりの蒸し暑さに閉口。

①久々の松郷峠越え
②昼飯は、とき庵の、地山菜の天もりそば、ここは何時もながら開店前から客が並んでいる。
③本日の天ぷらは、たけのこ、コシアブラ、かぶ、ズッキーニ、山ウド、人参、エシャレット



 

まるで、真夏...

 投稿者:  投稿日:2018年 5月16日(水)15時06分10秒
編集済
  昨日行った、近場の老人大学、そんなに遠くなく、かく汗の量によっては、チャリ通学も可能で、試しに授業の開始時間に合わせて、チャリで行ってみました。
頑張ると、到着後に汗が吹き出すので、なるべく車の少ない安全なルートを選び、脈拍をセーブしつつ走行、信号が少ない事もあり、片道12キロほどを約30分で到着し、想定より少ない発汗量で、これ位であれば、授業に出席するのに支障はなさそう。

ただ、今日はレーパン着用で、実際の通学でこの格好は拙いので、風通しがよく、奇異の眼で見られない何か別の服装を考えよう。

学校は数キロ走れば利根川に出られる場所で、そのまま利根川に出て、上流へ向けて走行。10キロほど走り、何時ものスタート場所に着くと、レースの練習に来たらしい、数名がウォーミングアップ中で前が渋滞。

彼らの姿恰好からして、抜いても、直ぐに抜かれることが分かっているので、彼らの後ろについて、ウォーミングアップにつきあう。
次第に速度が上がり、ほどなく40キロに近い速度に達し、暫くは何とか頑張って食らいついたものの、脈拍が150を超えて、この速度をずっと維持するのは自分には無理で、次第に速度が落ち時速32キロに低下、これを下回らぬよう走ったものの、彼らは視界から消失!
帰宅後に確認すると、最高脈拍が175を示していて、うむ、身体に良くないかも?

単独走行では、ここまで頑張れないので、レースに出るようであれば、この手の切磋琢磨が必要でしよう。でも、平日というのに、若い連中が集団でチャリの練習などしていて、大丈夫か?

その後は、川向こうの老人達が休憩しているいつもの場所で休んで、戻ってきました。4名の爺達が休憩中で、ここには先ほどの若い連中とは様変わりのマッタリ感が漂い、これはこれで良し。

ロードチャリは、非常に軽く、盗難の心配があり、コンビニ休憩であっても、簡易的な盗難防止のワィヤーをかけます。





 

朝一から...

 投稿者:  投稿日:2018年 5月15日(火)07時47分1秒
  連れ合いに宛てた面白くも馬鹿気な葉書を見ました。

曰く、総合消費料金?に関する、訴訟最終通告?のお知らせ...を謳う、怪しの通知。
見た瞬間に、詐欺と知れる内容で、裁判所に足を踏み入れた事のないド素人を騙そうとするもので、文面もあり得ない内容。

差出人は、法務省管理支局 国民訴訟通知センターとあり、こんな組織が存在するとは思えない。 裁判所からの民事訴訟関連の呼び出しであれば、納得できますが....。

ネットで見たら、騙されてしまう善良かつ、頭の薄い人達?もいるらしく、俺オレ詐欺の新形態か?
これに関わる詐欺師、今時なので、中卒という事は考えられず、大学ぐらいは出ている可能性が強いが、ウーム、学んだ知識をもっと生産的な事に使えよな、哀しすぎる。

 

快晴ですが...

 投稿者:  投稿日:2018年 5月14日(月)11時35分34秒
  ヤフー天気の強めな風予報を見て、チャリを断念して、スポーツクラブへ。

夜間、雨の中、この二つに加え強風もチャリに乗らない理由に加わり、相当に贅沢というか、軟弱なチャリ乗りです。
強風と言っても、風力にすると4とか5以上で、これに加えて庭木の揺れ方を見て判断。

車で風が気になるのは、高速道の河川を渡る橋の上などで吹いてくる突風ぐらいなので、チャリに乗らない方には、チャリの場合の向かい風の厄介さは分からないでしよう。


クラブ幹事から安静時脈拍を記録してくるように言われ、溜まりに溜まっているソチラ関連の本(ここ30年ばかりの間に、これほどまで多くの類似書籍を買いまくった自分に呆れる...)を引っ張り出して再確認。
安静時脈拍は、計測タイミングさえ間違わなければ、特に問題なく把握可能。

一方、最高脈拍というのが曲者。
教科書には、220から年齢をひいて出る数字とあるが、これが全く信用できず、これが正しいとすると、チャリで峠を登る度に死んでいる筈。

チャリ乗りの場合は、実際に負荷をかけて最高脈拍を確認するしか方法がなく、これにより自分の凡その数値は把握できていますが、これ等から導き出された運動負荷をそのまま老人に適用していいものかどうかについては分からず、何処にも答えは書かれていない。

個人差が大きく、正解など無く、自分の場合の正解が出るのは、10年後、それとも20年後?






 

レンタル掲示板
/309